食養学入門 47 5-5

 

8.バナナ

 

バナナは家庭での購入果物ベスト3です。

 

病院でも出ますね。

 

バナナは便秘にもいいとかでよく食べられています。

 

バナナは普通収穫後2,3日で黒ずむものです。

 

ところが店先のバナナはどれも黄色くて美味しいですね。

 

これは発ガン性のある殺菌剤の入ったプールにドブ漬けにしてシャワーを浴びせかけているのです。

 

カビも生えないわけですね。

 

異国で収穫され船で運ぶという大変無駄なエネルギーをかけて、傷みやすいので薬も使用する・・・。

 

食物を輸入することは、あらゆる意味で理にかなっていないのです。

 

 

他、野菜にも問題点があります。

 

ほうれん草の成分分析です。

 

栄養成分比較 1972年 2001年
ビタミンC 65mg 35mg
鉄分 3.7mg 2.0mg

 

実はもっと古い資料では、ビタミンCは100mgあったのです。

 

つまり見た目の多収穫を目的としたために、栄養素は薄められてしまったのですね。

 

ひどいところでは鉄分0mgなんていうのもあります。

 

ほうれん草という姿形をしているだけなのです。

 

有機野菜が高いと言われますが、20〜30%高いだけのことです。

 

栄養素を見たら安いものですね。

 

(つづく)

 

※この記事はBL研究所 所長 冨田哲秀著『食養学入門(2004年)』より抜粋しております。

 

JUGEMテーマ:健康

 

【BL研究所オンラインショップ】

 

七号食